お気軽にお問い合わせください。

リンク

神戸WEBリンク集


色々な人が様々な理由でY.E.J.KOBEで英語を学んでいます。

英会話を習っているけれど、言いたいことがうまく言えない。

 文法がわからなくても会話はできる、というのは間違いではないですが、それは本当に簡単な会話に限定されてしまいます。完璧な文章で話す必要はありませんが、基本をしっかりおさえておくと、自分の言いたいことがもう少しうまく表現できます。

 

 微妙なニュアンスまで伝えたいなら、高校英語まで必要ですが、まずは伝えたいことを正しく伝えることがコミュニケーションでの基本です。これは、中学3年生までの英文法を理解していれば十分可能です。

 

 文法を習うことで、発音を良くしたり、リスニング力を高めたりはできませんが、聞き取りさえできたら、自分の言いたいことを伝えることができる!という自信につながります。自信を持つというのは語学の学習においてとても効果的です。ただし過信ではなく、自信であるというのがポイントです。

 

中学生の子どもの宿題をみてあげたい。

 塾代って高いですよね。今は中学準備に向けて小学生から英語を習う子どもさんが増えてきました。私も数多くの小学生に英語を教えています。英会話ではなく、中学レベルの文法です。小学生の子どもに一から文法を教えるのはプロに任せた方がいいと思います。でも、中学生の子どもさんが「ちょっとここのところわからないんだけど」というような質問には、少し勉強すれば答えることができます。がんばって勉強すれば、中学英語に関しては子どもさんを塾に行かせる必要はありません。塾代の節約のために、大人の方が中学英語を勉強するという方法もありますね。

 

忘れている英語の文法をいちからやり直したい。

 普段英語が必要な仕事をしていない方が、英語を忘れてしまったことを嘆いているのはおかしいと思います。だって、学生時代にどれだけ得意な教科だって長年離れていると忘れるのはあたりまえですよね。私は高校時代古文・漢文がすごく得意だったけれど、今は基本の文法すらひとつも頭に残っていません。歴史も地理もどんどん忘れて、たぶん今は小学生以下だと思います。その中で、英語だけ特別に覚えている方がおかしいですよね。忘れていてあたりまえ!私はたまたま英語にかかわる仕事をしてきたので、かろうじて(笑)覚えていられるのです。

 

 中学や高校で英語の文法を習ったのは何年前でしょうか。 英語の文法、昔とはすこーしちがってきていることをご存知ですか? もしかしたら今、ちょっと古い表現で話したり、書いたりしているかもしれませんね。関係代名詞の使い方とか、昔は習わなかったけれど今は必須の表現などを確認するためにも、学生時代英語が得意科目だった方も、初心者に戻って基本を復習してみると、色々と発見があるかもしれませんよ。

 

簡単でいいので英語で文章が書けるようになりたい。

 日本語を英語にするのに和英辞典ばかりに頼っていたら、すごく変な英語になってしまいます。また、ネットを使った翻訳もあんまり信用しないでくださいね。それならば、少し文法が間違っていても人間が作った方がずっと自然で伝えたいことが伝わる文章ができます。

 

 英語の文章を作るのに、難しい表現や構文を使う必要なまったくありません。簡単な表現で言いたいことを伝える。これが、すべての言語の基本です。究極は日本の俳句です!ただし、これが実は一見簡単なようで、実は簡単ではない。でも、コツさえつかめば大丈夫。通訳者を目指しているのでない限り、わからない単語や表現はどんどん辞書を引きましょう。ただし、前に述べたように、和英辞典に依存しすぎるのには注意してください。そのあたりの微妙なさじ加減も身に着けましょう。

 

 

ひとり学習に挫折してしまった。

 塾で小学生から高校生までを対象に『学校での成績をあげる英語』も教えていますが、宿題を多めに出すタイプです。子どもには嫌がられますが保護者さんは喜ばれます(笑)。ほとんどの子どもは勉強が嫌いです。または、そんなに好きではないです。でも、彼らの仕事は勉強なのでやるしかない。だから、量の多い宿題も頑張って仕上げてきます。部活もやってるし、習い事もあるし、テレビも見ないといけないし、もちろん他の勉強もあるしで、すごく忙しくて疲れているはずなのに、がんばって宿題をやってきます。そんな生徒を見て、出してる張本人である私は「えらいなー」といつも感心しています。でも、子どもにとっては学校の成績が将来を左右する要因のひとつとなるので、ある意味仕方がないと思います。

 

 大人はそこまで勉強に切羽詰ってはいないので、ひとり学習いわゆる独学だと、途中でやめちゃったり、だらだらやってていつまでたっても効果が出なかったり、まあ、それが普通ですよね。でも、せっかく始めた勉強だから、できたら短時間に効果をあげたいと思いませんか。一人よりも二人、二人よりも三人、仲間は多いほうが刺激になって、学習効果が高まります。まあ、あまり多すぎてもだめですが…。とにかく、定期的に勉強の進み具体をチェックして、励ましたり、注意してもらうという環境を作ってみることで、また新たな世界が広がるかもしれません。  

 

英語を勉強したいけど、やり方がわからない。

 英語は非常にメジャーな言語なので、学習者も多く、教材もありとあらゆる種類のものが用意されています。さあ、勉強を始めよう!と思って本屋さんに行っても、何を選んでいいか本当に迷いますよね。また、他の人にとって良かったテキストが、自分にも向いているとは限らないし。

 

 注意していただきたいのは、市販されている参考書や問題集にときどき間違ったことが書かれてあることです。学生向けの、しかも受験用の問題集の模範解答が間違っていることもよくあります。特に英語は数学のように答えがひとつではないので、模範解答以外にもOKな答えがある場合があります。ひとりで学習されている方は、その点をしっかり心に留めておいてください。

 

 また、勉強の方法も千差万別です。ただし、何事にも王道というものがあって、ゴルフも野球も素振りの練習をするのと同じで、語学の勉強も初心者が必ず通らなければいけない道というものがあります。もし、初心者がそれをすっとばして、中級者、上級者向けのの方法で学習していたとしたら、時間をかけているわりには効果が出ていないかもしれません。たとえば、まず単語や熟語を暗記しようとしていませんか? その方法、間違っていると知っていますか?

 

 教材は、今の自分の実力よりも少し上のレベルのものを使いましょう。ずっと上ではなく、少し上です。少しだけ無理することが能力をあげていきます。スポーツと同じですね。 自分の実力がわからない方のためはカウンセリングがあります。ティーチングのプロなら30分もあればレベル診断することができます。

 

社会人学生を目指して英語を勉強したい。

 最近特に「生涯学習」という言葉をよく耳にします。大人になってから、また大学に入り直したり、通信制の勉強を始めたりする人が増えています。若い学生さんといっしょに予備校で学ぶ年配の方もいるみたいですね。すばらしいことだと思います。

 

 英語は、理系、文系どちらにも必須の教科です。大学受験レベルなら、最低でも実用英語検定準2級に合格する実力はほしいです。2級が高校卒業程度ですが、準2級で英文法はすべてマスターする必要があります。プラス英単語・イディオム(連語、熟語)を増やすことで2級合格が可能となります。いずれにせよ、高校英語を制覇するには、中学文法を100%理解しておく必要があります。

 

 英語の勉強を、いったいどこから手をつけていいかわからないと言う方は、英検教材を利用するのも良い方法のひとつです。CDを利用してリスニングの学習もできます。実際に英検を受ける必要はありません。模擬テスト70%以上正解になるまで同じ教材を何度も何度も使えばいいのです。大人のやり直しなら、文法は3級、リスニングは4級からスタートするといいでしょう。

 

英語は苦手だけど興味はある。

 苦手だけれどチャレンジしたいものって、結構あると思います。逆に苦手だからちょっと…と躊躇しているものもたくさんあると思います。いずれにせよ、嫌いじゃなかったら一度トライしてみるのもいいかもしれませんね。長く続かなくても、経験として。実は、気軽な感じで始めたものの方が長く続いてたりもします。めちゃくちゃ張り切って始めたものの方が、すぐ挫折しちゃったり。おもしろいですね。


 張り切るということは、期待値が大きいということで、うまくいかなかったときの残念度も高いのでしょうね。趣味、仕事、人間関係… すべてに当てはまるかもしれません。もちろん英語学習にも。


 まあ、とにかく、あまり難しく考えないでおきましょう。苦手なものが楽しいものに変わっていく不思議な感覚を知りたい方は英語のやり直しもそのひとつだということです。



頭の体操のために脳を使いたい。

 英語って結構論理的です。文法なんて理屈そのものです。理数系の方は文法が好きだったり、得意です。文章を読むときには、国語力があった方が有利です。言語そのものを理解するには、あらゆる状況をそのまま受け入れることのできる柔軟性と能力が高いという点で、男性よりも女性の方が有利だと言われています。会話は反射神経が必要ですよね。

 

  英語の勉強には、いろいろな脳の部分を使いますね。脳トレには最適かもしれません。


 脳は筋肉といっしょで鍛えると強くなるそうですよ。その代わり使っていないとどんどんと…。怖いですね。想像したくないですね(笑)

 

 

大人ではないのですが…。

 さまざまな事情で学校に行けない子どもさんがいます。でも、学校の勉強が心配なので塾にだけは行きたいけれど、塾も学校の延長みたいでだめかもしれません。普通の塾は、若い大学生が講師をしている場合が多いので、それが苦手な子どもさんもいます。

 

   ぜひ、ご相談ください。子どもさんが希望するなら保護者さん同伴のお勉強も可能ですよ。